2018年9月アーカイブ

マスター

パブとかスナック(死語?)とかの「マスター」ではなくて、タイトルのマスターです。
タイトルというのは、イギリスでよく使われる「ミスター」とか「ミセス」、
ロイヤルファミリーになってくると「ユア・ロイヤル・ハイアネス・・なになに」。。。のような。

そこで使われるものに「マスター」があるんです、珍しいでしょ?
でもね、18歳未満の子にはこれが適用されることがあります。

医者に行くと「マスター・なになに」と呼ばれている子供がいたり、
子供??・・・てな年齢の人でも使っていたりして、今は誰でもいいのかも??

時には別の意味のマスターもありますけどね。

他にも、特別な人の事をマスターと呼んだりもして、その使い方はちょっと難しいかもです。
慣れたらなんてことないのですが。
それに、日本では使わないでしょ?だったら安心ですね。
ふどこかの国でこう呼ばれてる人がいても、お店のマスターではなく、
単なる男性の「ミスター」の別の言い方なのだと覚えておいてくださいね。

それから、日本での「マスター」はお酒を造ったりコーヒーを作ってくれる人、で、間違いないと思いますが、
もし違っていたら教えてください。

このアーカイブについて

このページには、2018年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年8月です。

次のアーカイブは2018年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。