若者

最近の若者は(!)、忘年会とか新年会、はたまた新入生歓迎会なども拒否するのだそうです。
でも、しごく当然カモ。
行きたくないものに行かなくてはいけないなんて、おかしい。
そこにやっと気づき始めて(というか気づいてる)、それを実行に移し始めた、
そうしてもいい時代になってきたんだね。
いいことだと思う。

やりたい人はやればいい。それだけのことです。

上司だって、、ほんとうにそれ、やりたいですか?
他に意味があるのなら別だけど、積極的にやりたいって、本当に思っているのだろうか。
他の意味っていうのは、たとえば
「俺が上司だ!」って知らしめるいいチャンスだ、とか。。(?)。

意味があるものとは思うけど、融資だけでいいし、それで、
だれかは来なかった、彼は来た、彼女は来なかった、、、と、
そこで差別なんてないだろうし、
本人たちもそれを機にすることはないんじゃないかな。
気にする?

気にするから今までは付き合ってた、でしょ?

自分の意見ですが、わたしは昔から行きたくないものには行きませんでした。
それで何かあったことはありません。
強い?
、、、強くならなくちゃ!

このブログ記事について

このページは、まいかが2020年3月 1日 22:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ザ・集団行動!」です。

次のブログ記事は「タイプミス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。