朝の珈琲

朝、コーヒーを飲む人は多いはず。
かつて自分もそうでした、ところがここ何年も飲まなくなったのです。
特になにがあったわけではないのですが、飲まなくなり、飲まなくてもいいような生活になり、
今では、ふどこへ出かけてホテルにでも泊まらない限り朝からコーヒーを飲むことはありません。
それでも平気になったのです。
さてそんなコーヒーですが、10時になると飲む時がぁります、職場で皆が飲むから、、かな。
この時の珈琲はインスタントでもなんだかおいしく感じるし、少しほっとします。
いい休憩時間の過ごし方の道具になってるんですね。
こういう利用の仕方ならいいですな。
とはいえ毎日飲むわけではないのです。
あとコーヒーを自ら飲むのは、便秘した時とか、歩いてて休憩しようか、ってなったときですね。

誰かと待ち合わせして待ってる時も飲みますね、他に頼むものがないくらいにコーヒーです。
コーヒーでも種類が選べるカフェですと、それでも悩むのはほんの数秒、
すぐに「アメリカン」とか「カフェラテ」とかって決めてオーダーします。
それくらい逆にこだわりもなく、少しコーヒーの味がしたらいい、って感じな位置づけです。

朝からコーヒーを飲むと胃がやられてしまうっていって辞めてしまった知人もいます。
何がいいか分からないけど、コーヒーは自分にとってそんな感じです。

このブログ記事について

このページは、まいかが2020年10月 1日 19:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10分程度なら・・」です。

次のブログ記事は「ハトの鳴き声」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。