フランスの遺産相続

もしあなたが日本人で、フランス人と結婚して、相手が先に死んだとします。
でも配偶者であるあなたには相続権がないんですって。
そういうものらしい。
子供がいたらこどもに行くけど、配偶者には来ない、では、子供がいなかったらどこに行くのか。

兄弟・姉妹、ですって。そういうことなんだーー。
一人っ子なら?、、、わからない。
でもとにかく配偶者には渡らないのです、、、遺言があれば良いのだそうです。
なのでフランス人と結婚するなら、遺言をちゃんと描いてもらいましょう、こういうの大事ですよね。
フランスだけじゃないかもです、こういうの。
日本と同じって思ってはいけない、、ちゃんと調べてから結婚しましょうね。
国際結婚は考えてない?でもね、、いつ何がどうなるかなんてわからないですよ。
もちろん日本人と結婚しても同じです。
日本人と結婚しても、外国に住む場合もあるし、そうなるとまた複雑なのだ。
会社命令でならまだ良いけど、自分の意思で外国に行く場合、日本の遺産がどうなるか、とかね、
ちゃんと調べておいて絶対に損はない。
フランスに限ったことじゃないな、、こうなると。

このブログ記事について

このページは、まいかが2021年3月 1日 19:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知らないところに行く」です。

次のブログ記事は「ゴミ出し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。